2024.04.24 Wednesday

インフォメーション

2024-03-30 13:59:00

4月のご予約カレンダー更新しました。

4月のご予約カレンダー更新しました。

春の嵐が過ぎ去り、今日はとても気持ちの良い晴れ

になりましたね♪

 

朝晩はまだ寒い日もありますが

日中は徐々に春を感じられます。

 

冬から春に季節が変わるように

四季の移り変わりに合わせて人間の身体も

乾燥したり、むくんだり、変化が生じます。

 

毎日同じように生活をしていても

体は正直なもので

自然のサイクルに合わせて変化しているのです。

 

そんな自然の声と身体の声に耳を傾けて

季節に合わせた暮らしをするアーユルヴェーダには

「季節の過ごし方(リトゥチャリア)」という教えがあります。

 

ヴァータは風🌪️ピッタは火🔥カパは水💧の性質を指しています。

 

春は冬の間に身体に蓄積した冷たく重い「カパ」のエネルギーが芽吹きの暖かさにより溶け出してくる季節です。

 

温かくなって冬の氷が溶けて川に流れるように

体内で「カパ(水)」が増え

この3つのバランスが崩れ

体の不調が出てくる時期です。

 

カパが増えすぎると、いろいろな不調となって排泄されます。

例えば、鼻水、目やに、くしゃみやかゆみ。

 

こうした呼吸器官の不調だけでなく、眠気やだるさ、ぼんやりを感じたり、むくみやすくなったり、太りやすくなります。

 

 

カパのイメージは、【冷・油・重・安定・粘性】といった性質があります。

 

これらが増大する季節ですから、これと反対の性質【温、軽、動、爽】の生活、重さを軽くし、

冷たさを温かく、ゆっくりを快活に、

ねっとりをさっぱりと変化させて整えてゆくと

穏やかに気持ちよく過ごせます✨

 

具体的には、

・脱ぎ着を工夫して、冷やさない

・食べ過ぎに気をつけて、水分を取り過ぎない

・甘いもの、乳製品や脂っこいものは控えめに

・早寝早起き

・朝、散歩やヨガなどで軽く身体を動かす

などがオススメです。

 

“春眠暁を覚えず”という言葉があるように

春は眠気や気分にむらがでやすいですが

春におこる様々な症状は

カパが排泄される症状なので、むやみに止めないということを理解しておきましょう!

 

アーユルヴェーダの教えを

少し生活に取り入れて

無理のない範囲でスマートに

春のスタートをきっていけたらよいな、と思います。

 

アーユルヴェーダのハーブ🌿をふんだんに

含んだオイルトリートメントやシロダーラで

冬に溜まった老廃物を外に出すのにもってこいの

季節です。

 

カレンダーに空席状況がございますので

ご希望のお日にち、お時間、メニューを添えてHPお問い合わせまたは公式LINE、DMでメッセージをいただけますと

スムーズにご案内が可能です。

 

男性のご新規様はご紹介にて承ります。

 

4月のご予約もお待ちしております✉️